ビルゲイツの元嫁メリンダの若い頃の経歴は?離婚後の財団や資産は?

ビルゲイツ氏と奥さんの
メリンダ氏の離婚が
話題になりましたが、

そういえば
メリンダさんについて
あまり知らなかったな!

と思ったので
これを機に、
どのような方なのか
調べていこうと思いました!

また夫妻の慈善団体
「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」
の今後の活動や資産の行方なども
気になったので
合わせて調査していきたいなと思います!

ビルゲイツの元嫁メリンダの若い頃の経歴は?

The world was a different place when The Moment of Lift hit shelves two years ago this week, but the message at the…

Melinda French Gatesさんの投稿 2021年4月23日金曜日

メリンダ・アン・ゲイツ

生年月日 : 1964年8月15日

・実業家、慈善家
・ビル&メリンダゲイツ財団共同会長
・旧姓名はメリンダ・アン・フレンチ

メリンダの生い立ち、学歴

メリンダゲイツ若い頃

出典元:dailymail.co.uk

メリンダさんの若い頃の
家族写真を見つけました。

とても綺麗ですね!

テキサス州ダラスに生まれて育ち、
母親は専業主婦で、
父親はアポロ計画にも携わったっていた
NASAのエンジニアの方だったそうです。

父親の影響で小さい頃から
数学や科学に興味関心を持ち、

アイビーリーグ校と肩を並べるくらい
南部一の名門私立総合大学の
デューク大学へ進学します。


出典元:ryugaku.ne.jp

コンピュータ・サイエンスや経営学を学び
MBAを取得したそうです。

スポンサードリンク

メリンダとビルゲイツの馴れ初めと結婚エピソード


出典元:wsj.com

1987年の23歳でマイクロソフトに入社。

ニューヨーク州マンハッタンで行われた
マイクロソフトのプレスイベントで
ビル・ゲイツと出会ったそうです。


出典元:newsbytesapp.com

1994年1月1日に結婚します。

ハワイのラナイ島を
ほぼ貸し切り状態で式を行ったそうです!

メリンダの結婚後の経歴

Microsoft Publisher、
Microsoft Bob、
エンカルタ、
Expedia など

マイクロソフト内で様々な
製品プロジェクトに携わり
1996に退社したそうです。

退社後は2003年まで
デューク大学の理事に指名される。

2004年9月には
ワシントン・ポストの取締役に選任される。

メリンダゲイツ
出典元:sankei.com

2013年にメアリー・ウッダード・ラスカー公益事業賞
2016年には大統領自由勲章を
ゲイツさんとともに受章しています。

スポンサードリンク

ビルゲイツの元嫁メリンダと離婚後の財団や資産は?

離婚後の財団や資産はどうなるのでしょうか?

下記のような情報がありました。

 2人に婚前契約はなく、
財産は折半するとの合意書が提出されている。

ビル・ゲイツの総資産は14兆円とされ、
財産が折半されれば、
メリンダは世界有数の資産家になる。

今回のケースは9月に審理され、
来年4月に2人が出廷予定だという。

引用元:news.yahoo.co.jp

すごいですね〜。

引き続き動向を
見ていこうと思います。

また資産に関して
お二人は下記のように
考えているそうです。

夫妻は子供たちに資産を残さず、
財団へ寄付する予定である。

莫大な資産で子供たちが身動きできなくなるより、
好きなときに好きなところへ行き、
何もしない時間を持てる自由を
与えたいというのが理由である。

子供たちには普通の生活を送ってもらいたいのだ。

引用元:news.yahoo.co.jp

大富豪の元で生まれた人の
気持ちはわからないですが、
周りからの目やプレッシャーも
凄そうですものね。

やはり普通が一番ですね笑

ビルゲイツの元嫁メリンダの離婚後の活動は?

メリンダさんの今後の活動に関しては
以下のように推測されています。

 メリンダ・フレンチ・ゲイツは、
離婚後も変わらず、世界の教育や健康、
格差をなくす慈善活動に精力的に
動いてくれるに違いない。

引用元:news.yahoo.co.jp

今まで、
慈善活動に尽くしてきた
メリンダさんなので
変わらずこのような活動を
継続していくものだと考えられますね。

スポンサードリンク

まとめ

如何でしたでしょうか。

若い頃のメリンダさんも
美しかったですね♪

学歴、キャリアもやはり凄かったです。

今後の活動も目が離せません。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク