【日高屋】神田正会長の経歴や年収は?社員を第一に考える素敵な人柄

ガイアの夜明け
【今がチャンス!
攻める外食チェーン】

にて、

株式会社ハイデイ日高
代表取締役 会長

日高屋創設者

神田正さんが

出演されます。

今回は神田会長の
経歴や年収、
笑顔を絶やさない素敵な人柄に
迫っていきたいと思います!!

合わせて読みたい↓

ユーハイム【河本英雄】が貫き通す自然商品お菓子バウムクーヘンとは?

【日高屋】神田正会長の経歴は?


出典元:nowtice.net

神田正

1941年生まれ(80歳)
出身地:埼玉県入間郡高萩村(現日高市)


出典元:style.nikkei.com
(一番左が神田さん ホンダで勤めていた頃だそう。)

中学卒業後にいくつか別の仕事を経て、ラーメン店で働きだす。

1968年 岩槻市(現さいたま市)の
ラーメン店で働いた後に
常連客からラーメン屋を任されることに
(スナックの運営も任されたりしたそうです。)
残念ながら1年ほどで閉店を余儀なくされますが
お店をそのまま引き取ってくれる人が見つかり、
結果手元に五十万円が残ったそうです。


出典元:style.nikkei.com

1973年
大宮市(現さいたま市)に、
ラーメン店「来来軒」をオープンします。
深夜営業で大繁盛します。

1975年
大宮市(現さいたま市)に
二号店大宮南銀座店を開店します。

この頃から、会社員が外食でランチしだしていることに気づき
ファミレスなどのチェーン系の市場が拡大していることを見て
同じくラーメン店でもこの流れは来ると思い
多店舗での運営をするビジネスを考え出します。

二人の弟である、

町田功さん(実弟 現顧問)
高橋均さん(義弟 現代表取締役社長)

を説得し会社として
3人経営を回していく方向をとります。

命懸けの出店がしばらく続きます。


出典元:style.nikkei.com

来来軒3店舗目の
西川口西口店は現在も同じ場所で
「日高屋」に名前を変えて
営業しているそうです!

スポンサードリンク

1978年
有限会社日高商事を設立し
代表取締役社長に就任。

1983年
有限会社から株式会社へ。
4店舗で年間売上高は3億円くらいだったそうです。

1993年

上場したい!もっと出店しよう!

とさらなる目標を掲げ、
東京都北区赤羽に開店、都内進出を果たします。
JR赤羽駅(東京都北区)前の商店街で
「ドムドムバーガー」の跡地。

とんこつ味や味噌味など
とアレンジをかけトライするものの失敗。

失敗を元に、
新しい業態を探り、お店のクオリティをある程度統一し
アルコール類が売れる店という
「日高屋」のコンセプトが固まります。

1998年
「株式会社ハイデイ日高」に商号変更

1999年
ジャスダックに上場。


出典元:1goten.jp

2002年
「日高屋」の展開を開始!
第1号店を「日高屋新宿東口店」として開店します。

2006年
東京証券取引所一部に上場。

2018年
2月売上高400億円達成!

ここでは全て、
紹介しきれないくらいの
凄まじい神田さんの業績があります。

中学を卒業してから
その基軸はとても真似できないような
想像を絶する行いばかりですね!!

スポンサードリンク

【日高屋】神田正会長の年収は?

気になる、神田会長の年収を調べたところ
少し前になりますが、
以下の情報を見つけました。

平成28年3月1日〜平成29年2月28日

役員報酬:1億5千2924千円

また、昨年は給料の減額も10されていたようです。

月額報酬の 30%を減額
(2020 年5月から 7 月までの3ヶ月間)

純粋にすごい額ですね!!

【日高屋】神田正会長は社員を第一に考える素敵な人柄

ここまでの成功の裏には
神田会長の人柄あっての
こそのことだと思います。

そんな神田会長は
過去にほとんど怒ったことがないそうです

実はほとんど怒ったことがないんですよ。
人にガーッと言えない性格でもあるのですが、

「会社が成長できたのは、
従業員が懸命に働いてくれたから」

という感謝の気持ちが強くて、
怒る気になれません。

引用元:business.nikkei.com


出典元:business.nikkei.com

組織として社員に対して
重視することは、

人間性なのだそう。

立ち上げ初期にの頃に

本気で退職を迫った方が
2人いたそうですが

その時も会社の
雰囲気を壊したり
貶したりするような
方だったそうです。

それでも腹を据えて
やめてほしいと
迫ったそうです。

本気だからこその行動。
一般的な企業でしたら
なーなーにして
見逃していたかもしれません。

でも神田さんはそのような
曖昧にしておきたいところを
徹底して遠い未来の

会社=社員のため

を思った本気の行動は
尊敬できるし、学ぶべき
ところですね!!

社会が変化するなかで、
うちのラーメン店が地域の人々を
どう幸せにできるのか。

そして、縁あって深夜におよぶ
厳しい仕事を一緒にしてくれる社員や、
わが社ではフレンド社員と呼んでいる
パート・アルバイトのみんなを
どう幸せにできるのか。

自分はこのことを追求する
経営者になろう、と考えるようになりました。

引用元:shuchi.php.co.jp

関わる全ての人の幸福のために、
経営をすることこそが、
神田会長にとっての
やりがいであり、
幸せなのでしょうね!!

スポンサードリンク

まとめ

如何でしたでしょうか。

やはりここまでの成功をさせる偉人の方は
社員のことを第一に考え
関わる人全てへの
感謝の気持ちを忘れないひとだからこそ
周理の人たちも期待に応えようと
精一杯貢献し、
偉業を成し遂げれるんだなと思いました!!

久々に日高屋のラーメンを食べたくなったので
明日のお昼は日高屋の
中華そばと餃子、チャーハンセットを
食べようと思います笑

これからもさらなる繁栄を願っています!!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク