井岡一翔がタトゥー隠さなかった理由は?日本での偏見を無くしたい

2020年12月31日の
大晦日恒例TBS系ボクシング中継にて、
WBO世界Sフライ級王者の井岡一翔さん
同級1位の田中恒成さんを8回TKOで下し
大盛り上がりとなったようですね!!

しかし試合中に
タトゥーは隠さないといけないにも関わらず
ちょっと何か塗った程度で
少し薄くなっているくらいで登場し、
試合中にどんどん塗っていたと思われるものが
落ちていき、最終的にははっきりと見えてしまう
までになってしまいます。


参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/

この件に関して、
日本ボクシングコミッション(JBC)側は

ルール第86条には
〈入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者〉は
〈試合に出場することができない〉
と定められている。
外国人選手や海外での試合は適用外だが、
日本のライセンスを持った選手が
国内のリングに上がる際は本項が適用される。
引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles

とし、

“彼だから特別許可ということは一切なく
ルール違反は明らかなので、現在、対応を検討中”

としているようです。

一方、
このニュースに対して
元WBC世界ライトフライ級王者の
木村悠さんは下記のようにコメント。


参照元:https://melos.media/children/12383/

「海外ではリングで戦うボクサーがタトゥーを
入れているケースは多いが、
日本のボクシング界では禁止されている。

パッキャオやタイソン、
ロマチェンコなどのトップボクサーも
タトゥーをいれている。

試合に出る選手はファンデーションを
塗ってタトゥーを隠す必要がある。

刺青を消すために皮膚移植をして、
リングに上がっていたボクサーもいたほどだ。

イメージが悪いのが理由だとは思うが、
日本だけ禁止されているのも疑問が残る。」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/

ニュースに対するコメントも、

“ルールはルールなんだから処分は当然”

と言った声が非常に多いですね。

私はこのニュースからそれに対する世間の反応の
一連の流れを見て、
日本のガラパゴス化
感じられずには要られませんでした。。

そのことに関しては井岡さんが
タトゥーを入れている理由を調査しましたので
そちらを紹介して
なぜ井岡さんは
タトゥーを隠さなかったのか
迫っていければと思います!

井岡さんがタトゥーを入れた理由

過去の井岡さんのインタビューを参考に
まとめて見ましたので是非ご覧ください!

タトゥーを入れた理由

海外遠征から、日本での活動に復帰するときに
復帰する思いだったり、
弱みとも捉えられるかもしれないが、
復帰するきっかけになるもの。
今までやってきたからこそ、
これをしたら逃げられないという決意表明

この投稿をInstagramで見る

井岡一翔 (@kazuto_ioka_official)がシェアした投稿

スポンサードリンク

あと家族への思いも含まれているようですね。
今入れても後悔しない思い。
とおっしゃっていました。

日本でのイメージを変えていきたい!

井岡さんは、
日本でのタトゥーに対する認識に
疑問があるようですね。

日本において、
世界チャンピオンになってない
若い選手にはタトゥーが入っている人は
多いようですが、
過去に注目されたような選手では
入っている人はいないようですね。

でも世界の野球選手でもサッカー選手でも
あらゆるアウリートはガンガン入っています。

それで日本では、
就職できないとか、
表舞台に立てないのは
世界とのギャップがありすぎると言っています。

「僕も現役の世界チャンピオンだし、
印象を変えていきたい。」


参照元:https://www.youtube.com/watch?v=OPDw27WE8gU

そのように、
インタビューで発言されておりました。

「リングに立つ時は消してもらはないと
他の選手に示しがつかない」
などとも言われているようですが、

そんな事はどうでも良い事じゃないかと

続けます。

『見ている人は試合が見たいわけで
刺青の種類がどうとか、
和彫がダメで洋彫は良い
とかそんな細かい事はどうでもいいし、
実際日本に所属している海外の選手は
タトゥーはOKで消さなくて良い。

外国人だから良いのは矛盾している。

日本のジムに所属してる選手が
全部ダメならわかるが、、』

と語り、
最終的には

『コイツに言っても無駄だと思わせるくらい、
突き抜ければ良いやとおもっています』

また今後も、日本ではなく海外を拠点に
活動したいと思っているから
日本で入れてるのがダメなら
海外で活動しようと思っているので
あまり、気にしていないようです♪

流石ですね!
時代の流れにも考えは
しっかりマッチしているし
実力があるからこその発言だと思います!!

何故タトゥーを隠さなかったのか

この投稿をInstagramで見る

井岡一翔 (@kazuto_ioka_official)がシェアした投稿

上記のタトゥーを入れた理由からでも
察したかと思うのですが、

今回のようにこの件も
話題として取り上げられれば
必ず、タトゥーの是非についての
議論になるでしょう。

それを井岡さんは狙ったのでは!?
と個人的に考えています。

おそらくこれで、日本の試合に
出場できなくても良いぐらいの
気持ちでいるでしょうから
ご本にからすれば処分や、批判は
どうでも良いことなのではないのでしょうか!?

まとめ・感想

先ほどの日本のガラパゴス化に
話が戻るのですが
今回のニュースに対する世間の反応は、
日本は島国であるが故に、
外の世界に関心を持つ事なく
閉じこもったまま歳をとってきた
人が大半なため、世間一般というものが
あまりにも世界で比べると
かけ離れたものになってしまっている
私は常日頃感じるのです。

これは非常にヤバイ状況であって、
そのような人たちは特に
「ここは日本だから」とか
良く言うでしょう?

そのスタンスでいれば
日本は今後あらゆることから
相手にされなくなっていき
この閉ざされた島国では
窮屈だと感じる才能溢れる若者たちは
さらに外に出ていき、、
結果として
経済もさらにさらに落ち込み、
残った島民は
その原因さえ考えることなく
島ごと沈んでいってしまうのでは
ないのかと考えています。

極端な言い方にはなったのですが、

井岡さんのスタンスが理解できないと
思っている方がもし、
この記事をご覧になっていただけてましたら、
少しでも外のことに
興味を持っていただければ嬉しいですね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク