金子美明シェフの経歴や年収は?自由が丘の菓子職人のこだわりが凄い!

4/18に放送される、

情熱大陸に

自由が丘にある、フランス菓子店
「パリセヴェイユ」

のオーナーシェフである、

金子美明さん

がゲスト出演!

とてもストイックな姿勢で
おかし作りに臨む
番組予告を見ていて
金子さんについて
いろいろと気になったので

金子さんの経歴
金子さんの年収
金子さんの周りでの評価

などを調査していきたいと思います!

合わせて読みたい↓

リヤカーでシフォンケーキを売る男の経緯がスゴイ!久保田哲について

金子美明シェフの経歴は?きっかけは一冊の本から?


出典元:ovninavi.com

金子美明(かねこよしあき)

1964年生まれ(56歳)

パティシェを始めるに至ったきっかけから現在に至るまで



出典元:amazon

金子さんは、小さい頃から料理の専門書の
写真を見るのが好きだったそうです。

14歳くらいの時に
山本益博さんの
『パリのお菓子屋さん』
という本に出会い
金子さんの周りにあった
洋菓子店とは全く違うことに
衝撃を受けたそうです。

そして、
中学生3年の時に進路で悩んでいる頃

デパ地下で本で紹介されていた、
池袋「ルノートル」(現在閉店)
を見つけたことに感動したそうです。

実際にお菓子を食べてみたら
お酒の強さに驚いたそうですが
これが本場の味なのかと
受け入れたそうです。

それから、中学を卒業し
1980年に池袋の「ルノートル」に入社し
菓子作りの基礎を学びます。

名古屋の
「パティスリー・ボン・デザール」
などでも経験を積みますが

一度菓子職人から離れて
松永真デザイン事務所で
7年間グラフィックデザインの
仕事をしています。

1994年の30歳の時に、
再び菓子の世界へ飛び込みます。

1999年、34歳の時にフランスに渡り
「ラデュレ」
「アルノーラエル」
「アラン・デュカス・ホテル・プラザ・アテネ」
など7軒の店で修行します。

2003年、
38歳で帰国し早々に自分のお店の
開店に向けて活動を開始!

自分で物件を見つけたり、
スポンサー企業とのやりとりをしたりと
本を読んで勉強したりしながら
全て自分で行ったそうです。。


出典元:kurozo.dreamlog.jp

そして同年、自由が丘に

「パティスリー パリセヴェイユ」

をオープン!

その後オーナーシェフとなり、
自分の菓子を追求し続けています。


出典元:pain-kitchen.net

2013年にはフランス・ヴェルサイユに

「オ・シャン・デュ・コック」

をオープンして
地元の方に愛されるお店として
人気なのだそうです!!

スポンサードリンク

金子美明シェフの年収は?

パティシエの平均年収は
以下となっているそうです。

全体:340万6500円
男性:388万9800円
女性:282万1000円

オーナーシェフの
平均年収は

500〜600万円

と言われているそうですが、

金子さんの場合は人気有名店の
オーナーシェフなので

1000万円は超えているのではないのでしょうか?

1000万円を超えるは
とても狭き門なのだそうですが、
金子さん並みの実力の持ち主だと
もっと言ってそうな気もしますね。

スポンサードリンク

【金子美明】自由が丘の菓子職人のこだわりが凄い!中田、前園の大絶賛!


出典元:tabelog.com

中田英寿さんがナビゲーターを
務めるラジオ番組
「VOICES FROM」で
前園さんがオススメする
スイーツ3選の中に

パティスリー・パリセヴェイユ

が選ばれていたようです♪

中田さんも実際に食べながら
会話している内容がこちら。

” 前園 「チョコレートのお菓子だけど、ただのチョコレートじゃない」

中田 「名前からすると塩味(サレ=塩)がするってことね」

前園 「まずは食べてみて!」

中田 「この店は知っているけど、食べたことあるかな。
うん、塩味が効いているね」

前園 「塩味にパンチがあるんだよね」

中田 「岩塩みたいな塩のパンチが来た後に、
チョコで包まれるからくどくないね」

前園 「チョコクッキーって重いものになりがちだけど、
この塩加減がすごくいいんですよ」

中田 「これ、ミーティングとかに出てきたらうれしい」”

引用元:news.yahoo.co.jp

絶賛していますね!!

本物へのこだわりがある方達なので
まずおべっかを使っていることは
考えられないし、
お二人を唸らせるということは
相当凄いことなのではないのでしょうか??

スポンサードリンク

まとめ

如何でしたでしょうか。

金子さんはお菓子づくりはもちろんのこと
クリエイティブすることが
そもそも大好きなんだろうなと思いますね!

そのような見方からすれば、
一度お菓子職人をやめて、
デザインの仕事をしていたというのも
一本筋が通っているようにも感じました。

これからの活躍も楽しみにしています!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク