使い捨マスク増で野生動物も被害!これに対して世間の声は?

使い捨てマスクが海で
大量に打ち上げられたり
野生の動物の足に絡まったりするなどの
被害が起きたりしており
問題になっているようです。

今回はこの報道に関する写真や
ネットの反応などをまとめてみたので
是非ご覧になっていただければと思います。

マスクの被害を受ける動物

<イギリス、チェルムスフォードで見つかった、
足にマスクが絡まった鳥。>


参照元:www.afpbb.com/articles


参照元:www.afpbb.com/articles

<マレーシア・パハン州でマスクで遊ぶサル>


参照元:www.afpbb.com/articles


参照元:www.afpbb.com/articles

<使い捨てマスクに絡まって死んでいるフグ>


参照元:oceansasia.org

コロナウイルスから人類を守るために
用いられているマスクが一方で
野生動物に死をもたらす要因にもなっています。

放置された膨大な量のマスクがあらゆるところに
散漫し動物の生息地に入り込み、
鳥から海洋生物にまで危害を与えています。

このような光景を目の当たりにし
私たちの無意識な行為によって
動物たちに被害を与えていると考えると
自分たちの身を守ることばかり考えるのではなく
自分の持ち物の管理は徹底しないといけないと
改めて思わされます。

海に打ち上げられたマスク


参照元:oceansasia.org


参照元:oceansasia.org


参照元:www.afpbb.com/articles

香港の浜辺で見つかった使い捨てマスク。


参照元:oceansasia.org


参照元:oceansasia.org

環境保護団体オーシャンズアジア
(OceansAsia)の報告によると、
昨年海に流れ込んだマスクは
15億枚以上だそうです。

この量は
海にあるプラスチックごみ
6200トン増えた計算になるといいます。

薄い素材で作られている
使い捨てマスクですが、
自然界で分解するには数百年
かかることもあるといいます。

スポンサードリンク

ネットの反応


各国が新型ウイルスの
感染防止策としてマスク着用を
義務化し始めてから、
世界中の道端や水路、
浜辺などで使い捨てマスクが目に付くようになった。

使い捨てとポイ捨ては違う
ということを世界に発信してください。
メディア界の方々、出番ですよ。


ビニール袋なくしても、
ストローやめても、
人が変わらなければ
存在するものが変わるだけなんですね。


マスクもそうだし、
タバコの吸い殻、空き箱もそうだけど、
ポイ捨てする人の気が知れない。

誰かが掃除してくれると思ってるのかな?
それともそういった後の事柄を考える
回路がそもそも備わっていないのかな?

人間としての欠陥だと思う。


奈良公園のシカが、
ビニル袋を食べてしまって中毒になっている。
マスクに限ったことじゃない。
心無い一部の人間のせいで、
数え切れない生命が脅かされている。
コロナなんかより、遥かに恐ろしいことです。


まったく、次から次へと他の生物の
生存の脅威を生み出しているのは
他ならない人間ですね。人間はもう少し、
その高い知能の使い方を
変えるべき時代に来ていると思います。
自分たちの生存率を高めるためだけに
その知能を使うのではなく、
プラス他の種族への影響を考えた
生存のしかたを知能として
備えるべき時に来ていると思います。


だらしない、ペットボトルなどの
プラゴミがこれだけ問題になってるのに
今度はマスク。ぐちゃぐちゃになっても
ポケットに入れて持って帰っても
マスクならかさばらない。
家のゴミ箱に捨てたらいいだけ。
ちょっとした事なのに。
動物の命を食事として頂いたり、
ペットとして、家族として動物と暮らしたり。
どれだけ動物の恩恵を受けて
人間が暮らしてるのか
もっと理解してほしい。身勝手な人間のせいで
動物が犠牲になる。
もちろん私自身にも言い聞かせてます

まとめ

今回はマスクをテーマにあげていますが
他のゴミもしかり同じことが言えますよね。

しかし、私は
自分はやっていない、他の誰かがやっている
という考えも危険だと思っていて
無意識のうちに所持しているものを
落としたりすることも多いと思うのです。

大半の人が
意図的にポイ捨てしているとは思えません。
知らないうちに落ちていたという経験は
みなさんおありではないでしょうか?

そういったものが積み重ねって
どこかに流れ
どこかにしわ寄せがきているんだと思います。

なのでポイ捨て云々ではなく
そもそも環境に害があるプラスチックなどの
使用そのものをもっと減らさないことには
環境が改善するとは思えません。

レジ袋も有料化したことにより
私もゴミの量が随分と減った実感があります。

もっともっと、そのように
プラスチックに頼らないで
生きていける術を見つけていくことも
重要なのではと思っています。

結局はすべて自分たちに
ブーメランのように返ってくることです。

日常の会話から
このような問題について
率先してもっと議論していく必要が
あるのではないのでしょうか?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク